女性男性型脱毛症治療

女性男性型脱毛症を治すには?

男性同様、女性も抜け毛・薄毛の症状で悩む人が急増しています。女性の薄毛の原因で多いのが産後の抜け毛、瀰慢性脱毛症、女性男性型脱毛症です。

 

女性の場合女性ホルモンの乱れによって抜け毛、薄毛が進行する場合が多いのです。特に産後にこの症状が出やすいのはこのためです。

 

AGA(男性型脱毛症)の女性版、FAGA(女性男性型脱毛症)の症状で悩んでいる女性が特に増えています。女性男性型脱毛症の原因も女性ホルモンの働きが大きく関係しています。

 

勿論、美容院で治療をしてもらうことが可能です。その際に使用される治療薬はプロペシアではありません。男性型脱毛症の治療にはプロペシアは非常に有効ですが、女性には使用することはできません。

 

女性男性型脱毛症の治療に使用されるのが経口薬パントガールや塗るタイプの育毛剤、女性用ミノキシジルです。パントガールはドイツで開発された治療薬で日本でも少しづつ普及してきているようです。

 

女性用ミノキシジルはロゲインやリアップが有名ですね。

 

パントガールや女性用ミノキシジルは医師に診断してもらうことで、処方してくれます。病院以外でパントガール、女性用ミノキシジルを購入するには個人輸入代行を利用する方法があります。

 

一度病院で処方してもらって使用した人が個人輸入代行で購入する場合が多いようですね。価格は個人輸入代行で購入するとやはり安いようですね。

 

しかし、女性の場合もまずは薄毛治療を行っている病院で詳しい症状を診てもらうのが◎