男性型脱毛症治療薬

専門治療薬

男性型脱毛症に使用される治療薬は主に二つ。一つは経口薬「プロペシア」もう一つが塗布する育毛剤「ミノキシジル」です。爆笑問題のCMの影響、飲む育毛剤、飲む発毛剤なんて言われて一気に有名になったのは「プロペシア」ですね。

 

プロペシアとミノキシジルは日本皮膚科学会の男性型脱毛症のガイドラインでも、男性型脱毛症の治療には使用することを強く奨める治療薬としてA評価が出ています。本当に効果のある育毛剤、治療薬として評価されているということですね。

 

プロペシアに含まれている男性型脱毛症に対する有効成分「フィナステリド」が薄毛の原因5αリダクターゼの働きを阻害して発毛を促進。

 

元々はアメリカで前立腺肥大の治療薬がきっかけとなって誕生した治療薬です。

 

日本ではプロペシアは萬有製薬から販売されています。

 

最近は女性の脱毛症も多く女性男性型脱毛症に悩んでいる人も急増しているようです。しかし、プロペシアは男性型脱毛症専用の治療薬なので女性の薄毛治療に用いることはできません。絶対に使用してはいけません。

 

次に塗布するタイプの育毛剤ミノキシジルについて。ミノキシジルは元々は経口薬で、血管を拡張して血圧を下げる目的で用いられていました。しかし、同時に発毛効果も見られたために新たに外用薬として販売されるようになった育毛剤です。

 

ミノキシジルは有効成分の名前で日本ではリアップやリアップX5という名前で大正製薬から販売されています。